2005年12月13日

徹夜して

『Clash on the dead end line.』

新作短編を書き上げました。ホロゥのラストバトルを主軸とした独自設定、独自解釈、独自END満載といういかにもアレでアレでアレな感じの中身になりました。もし、そんなんでも興味がある、という方がいたら読んでやって下さい。
タイトルはFFVのビッグブリッジの英語版タイトルから拝借。最終防衛線の戦い。みたいな意味合いとして考えてくれれば結構かと思います。

■WEB拍手お返事
>実典君の複雑な気持ちが巧くかけてていいな〜と。でもシメは「花よりアヤコです。」がデフォ。(笑)
・なんというか、ライダーさん美綴ぱっくんオチが割と面白い具合にいきすぎてしまい、多用しそうなので危険です。なるべく封印しないと、飽きられる………
>いつもながら素晴らしい作品をありがとうございます^^あと『嬌声』ですから。訂正キボンヌ
・指摘トンクス
>今回の寸劇で実典に対するイメージが少し良くなりました、おもしろかったです
・実典は結構好きなキャラなので、良いイメージ持ってもらえたら書き手冥利につきます。
>綾子がオチ担当って珍しいなぁ、というか実典もすごい放置っぷりだw
・現実の姉弟ってあんなもんじゃないんですかね?
>ライダーさんのオチがあるとまでは思いませんでしたが・・・ああ、若いっていいなぁ
・本当ね、若いっていいよね。潤ってて………自分はもう砂漠化進みすぎてヤバいです。
>士凛士桜は嫌いではないけど、自分は剣以外はなるべく避けたいのでその辺の配慮をお願いします…というわけで実典寸劇読めませんでした。ごめんなさい。自分も実典結構好きなだけに…無念。
・読めないことを謝る必要はありません。書き上げたもの全てを読み手が読まなければいけないわけではないですから。読む側の人は自由に読む作品読まない作品を選ぶ権利があると思います。しかし、それと同時に、読み手は書き手に一方的な作品の方向性の指定は出来ないということも、等しく存在していると思っています。割と突き放した意見なんでしょうけれど。
>神父役がカレンだったら面白いな〜と。桜には災難になるだろうけどw 士郎は…運命だから諦めろ♪<マテ
・そんなんだったら、起こる筈の無いHF6thが起こってしまいます。
>『熱に浮かされて』を拝読致しました。ナイスハレンチ!
・破廉恥言うな、純愛ですっ! とまあ、それはさておくとしても……また古いのを引っ張り出してきましたね……昔の文章を思い出すのは結構恥ずかしい。
>こういった背中で泣く男ってのはやっぱり格好良いと思います。
・スクランの菅とかね。あのシーンは割と本気で切なかったです。実典はあそこまで露骨に羨望したりしないでしょうけれど。もうちょい捻くれていそうな雰囲気。
>寸劇117,118・・ライダー×綾子(デフォ)が走り始める! 最早止める術などない!!
・本当、自分でも止まらないんですけれど。
>委託なしということで、ちょっと残念。1か月後とかにweb上でupとか...て無理ですよね(汗)
・金銭の絡む問題ですからこればっかりは……当日、わざわざ買っていただいた人に悪いじゃないですか。後からupするっていうのは。忘れた頃に……とかなら考えなくもないけれど、さすがに一ヶ月とかは性急過ぎると思います。
>寸劇118,切なくて、胸の奥がチクリとしました。月並みな言葉でごめんなさい。
・月並みだろうと何だろうと、その感想一つがとても強い糧になります。ありがとうございました。片思いをしながらもフラれる切なさが少しでも伝わったのなら、書き手として満足です。はい。
>士桜派としてこのシチュは歓迎、と思いきや実典君ばかり見てる自分がいた。む。ラ×綾子はミナカッタコトニ
・実典主役ですからね、今回ばっかは。

それでは、今日はこの辺で。
posted by 10=8 01 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10606676

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。