2005年12月24日

やりすぎました

■今回の寸劇について
・クリスマスSSと言えば、やっぱり甘い話なんかが想像されるのですけれど、今回の寸劇ではあえて独り身を過ごす人を描いた話を書いてみました。というか、まあ、独り身のクリスマスなんてこんなもんだよね、という内容です。食事くらいは豪華にして、独り切な寂しい思いを味わう、そんなクリスマスSSがあってもいいじゃないか、と。
ただまあ、書いてるうちに桜や凛の思考がしっと団みたいな偏りになってしまいましたが。それは作中の、というよりも、独り身で過ごす寂しい人たちみんなの思考を反映した脚色だと思ってください。こんなの桜じゃない! 凛じゃない! とか言われても困りますので。

「Fuck’in♪ 聖・X’mas」
「あー、明石屋サンタ面白ー………」

とりあえず、今回の話はこの二つの台詞に全てが集約されていると思っていただければ充分です。はい。

WEB拍手のお返事はまた後日にでも。
それでは、今日はこのへんで。
posted by 10=8 01 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。