2005年06月08日

些細

今日の寸劇ですけれど、きっかけはTMさんの「HOT LIMIT」聞いたから、という身も蓋も無いそのまんまなものだったりします。本当はアルクェイドと志貴でやらせようと思ったのですけれど、アルクェイドはツッコミ役に適していないので凛様に。いやー、やりすぎたー。
いつものことですけど。

■本のこと
終わりのクロニクル5(上)を読破しました。構成というか、流れのようなものは相変わらず毎回同じなのですけれど、それでも否応無しに後半への盛り上がりに期待が持てるというのは凄いと思います。最早、この後半へのテンション急上昇は特撮のお約束とかそういったものに近いのではないかな、とか思ったりも。
しかしあれだ。
飛場竜司は「やや」エロという分類でいいのだろうか、と。あれで「やや」なのか、と。
それと原川とヒオのコンビがたまらなく面白かったり。

■音楽のこと
the pillowsのニューアルバムはFLCLのサントラ3という形で発売されました。
楽曲に目を通すと、いずれのものもFLCL内で使われたものであり、当然ながら既存の曲のみの収録となっています。新曲が収録されていないのはファンとして悲しいところですけれど、サントラだからそれも仕方なし、というもの。
内容としては全17曲というベスト版並のボリュームで、かつベスト版「Fool〜」と重なっている曲が6曲。つまりは、内容が11曲異なるベスト版と考えた方が良いかと思います。収録曲自体は、the pillowsの活きのいい時代のものばかりですし(無論、今も活きがいいのですけれど)
惜しむらくは、やはりストレンジカメレオンなどの曲が収録されていないことでしょうか。サントラだから当然なのですけれど、やっぱり、こういう既存曲構成である限り「はじめてのぴろうず」という聞き方が、一番かなとも思うので………だからこそ、ストレンジカメレオンが無いというのが悔やまれるのです。
とりあえず……FLCLを見て、the pillowsに興味を持った人がいたら……こっち、ですかね。
ストレンジカメレオンの有無がやっぱ、ベスト版との明暗をつけると思います。
うん、個人的には「CrazySunshine」収録ってだけで好印象なんだけどなあ。

あんま感想らしい感想じゃなくてゴメン。


それでは、今日はこの辺で。
posted by 10=8 01 at 22:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
the pillows・FLCLサントラ3買われましたかー。
いや、本当にFool on the planetに入ってない曲が入れられているのは嬉しいか限り。
01さんもオススメの一品――あかん、欲しい!

今回の寸劇の遠坂さん。
コマンドや描写は少し違うけれど、某ゲームの
ストーム○リンガーや八○女(暴走)を思い出した自分はだめでしょうか?w
Posted by 犀簸 at 2005年06月09日 07:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。