2005年09月14日

こうして親指を隠す風習だけが残った

■タイトルについて
最近「でろでろ」に嵌っています。妖怪・幽霊モノの中でもかなり異質な漫画。絵柄は恐いのに妖怪・幽霊の類のやっていることがセコくて阿呆くさい。そこが非常にいい感じなのですが。タイトルのは今週のヤンマガに掲載された「でろでろ」の言葉より。

■今週のかみちゅについて。
死神様可愛いよ弁財天様可愛いよゆりえ様可愛いよー。
ま、そんな感じ。

■WEB拍手お返事
>桜がライダーさんを食べちゃうのはどうも違和感ありますね。こう、有り得ないだろって感じで。
>桜とライダーの関係のあり方が新鮮で、ゾクゾクしました。いやあ、怖い桜は良いですね!

・対照的な意見を頂きました。今回の「剣ヲ継グ者」に関しては割とこれに驚いた人が多かった模様。個人的には、桜は平然とこういうことしそう、という認識なんですけれどねー。先輩至上主義かつ自己追い込み型、だと思っているので。そして華麗に話題にされないギル様関係吹いた。割かし重要そうな台詞言わせたつもりだったのに! いや、あんま重要違うかもしれませんが。
>パジャマ姿でって可愛いんですけど・・・はしたなくってよ
・王様じゃなくて女の子、それが我が家のセイバーですので多少のはしたなさは目を瞑ってください。まあ、何よりも可愛ければオールオッケーじゃね?
>>髪を掻き上げつつ、冷凍庫を開ける。  ここは、「冷蔵庫」では?
・指摘サンクスです。こういった誤字の絶対無くならない自分自身はそろそろどうにかした方がいいかな、とも思ったりなんかしたり。あーーーー、誤字脱字嫌ぁー!
>最後の意地っ張りセイバーにクスリとしました。
・彼女は割りとそういうところありますからねー。しかし、いい女ってのは意地を張ってもいい女だ。そういう「いい女」っぷりを書けたらいいなあ、とは思っていますが。

今回の寸劇はスペシャルサンクスとして、いずみやみそのさんの名をあげたいと思います。みそのさんの暑中見舞いから氷菓ネタを思い浮かびました。一方的スペシャルサンクスではありますが、本当にありがとうございました。

それでは、このへんで。
posted by 10=8 01 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6928404

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。