2006年01月21日

申し訳無いです

慌しくて満足な更新できずにもうしわけないです。人気投票も公式でもうすぐ始まります。何か短いの一本くらいは応援作品を投下したいと思います。面白いの書けるといいなぁー。

■相互リンク
深水さんとこの「かなしきはらいそ」と相互リンクしました。なんというか紹介文とか貰ってありがたい限りです。ごめんなさい。それだってのに更新したのが二連続で下ネタっぽいので本当ごめんなさい。もっといい話書ければよかったのに……。

■WEB拍手お返事
>ウォシュレットプレイに目覚めかけてメロメロになった凛に確かなエロスを覚えました。士郎、今だ(何がだ)
・おかしいな、エロ話として書いた憶えはなかったのに……
>便所泣き凛がツボなわたしはだめ人間でしょうか?
・特殊なことだけは確かかもしれません。それを書く自分も自分ですが。
>寸劇126>遠坂…(つд;)…本宅の方を使えばいいのにw何はともあれGJでした
・あれ? そこらへん描写してませんでしたっけ?
>お下品といえばお下品なのですが、最後の一線を微妙に越えていないところが絶妙でございます。
・いや、超えたら拙いっしょ。
>……『惨劇』再び。次は誰だろう……。
・三枝さんで。
126:再び退治→再び対峙 ……あながち誤字とも言い切れ無い内容ですが。破壊してますし(笑)
・あー、焦って書くと碌な事が無い証拠ですね。直しておきます。
>え、Hだ。下半身すっぽんぽんで泣きじゃくる凛。ある意味”にょ〜”?
・ある意味も何も無いと思うのですが。直球ですよ!
>ウォシュレット、セイバーは案外あっさりと使いこなしそうですな。
・本編では引っかかったところしか描写されてませんでしたからねー。どうなんだろ?
>寸劇:126<死ぬほど笑いましたw すげぇ。こんなん書けるなんて天才じゃ? 誤字が2つほどあったけど
・いや、この作品で天才って呼ばれても嬉しくないですよ……orz
>何と言いますか…笑いすぎだ俺。 更には可愛い凛も見れて…こんな形で見てもなぁ(笑
・なんつーか、すまん。
>誤字の指摘を。性格には、その向こう側→正確 こうして再び退治する時→対峙 と思われます。
・直しておきますー。
>寸劇、楽しませてもらってます……が、剣ヲ継グ者も待ってます
・待たせて本当すまないです。手元にある書かなきゃいけないものは他に、人気投票用のSSとMARさんとこの祀用の二本。合間を縫って更新できたらと思う次第です。本当、待たせてしまって申し訳ないです。

それではこのへんで。
posted by 10=8 01 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

年の瀬迫って

にわかにテンション下がってます。同人誌を売るのは初めてなので緊張とか不安でいっぱいです。色々と用意しなければいけないのに、まだ全然用意できていないし。当日まで色々と忙しいことになりそうな予感。


■寸劇について
リクエストくださったRANGEさん。半年も待たせてしまって、本っ当に申し訳ございませんでした。遅れに遅れた理由は純粋にネタが浮かばなかっただけです。必死の思いで搾り出したネタがアレでしたけれど、どうだったでしょうか?


■新刊について
又三郎さんいずみやみそのさんのサイトに新刊紹介のバナーを貼ってもらいました。なんつーか、頼みもしないのに宣伝していただいて本当にありがとうございます。至らぬ自分ですが、期待されることは物凄く嬉しいです。


■ここ最近のお気に入り
1:Jekyll and Hyde
・ここの絵がすごくスマートで素敵なんですよ。以前に書かれた白セイバー黒セイバーとか、もう心のツボを突きまくりです。げんしけんのスージーとか、いいんちょ+これがわたしのご主人様とか、ネタの選び方もまたいい具合に自分を刺激してくれます。すげぇオススメ。

2:かなしきはらいそ
・SS更新のペースが速くて嬉しい限りです。ここ最近更新された中では、キッチントークキスが非常に素晴らしかった。桜が桜らしくて、バゼットがバゼットらしい。二次創作する上で、キャラクターらしい、っていうのは簡単そうで案外に難しいもので(自分だけかもしれないですが)それが深水さんの書く作品ではしっかり出来ている。だから、違和感無く本編の延長として読める。書き手として見習うものが非常に多いです。

3:忍の保管庫
・何よりも朝目新聞連載の「プ……」が面白い。ゴーファが思っていた以上にウザくて面白くて楽しいです。そして何気に一発ネタでもある、ルイージ漫画も非常にツボった。つか、チョコって………そりゃホイホイ浮かばせるわけないよなぁ。


■WEB拍手お返事
>士凛も良いですね〜
・鞘剣な管理人ですけれど、書く上でえり好みはせずに色々書きたいと常々思ってます。はい。
もう「可愛い!」の一言です。是非幸せになって欲しい。欲を言えばセイバーや桜バージョンも見たいです。
・えーと、桜Verは寸劇:122ということでー………って、駄目すか?
>テイカーとはルヴィアってイイ趣味してんなぁ(笑
・むしろ自分の趣味です、色々と御免なさい。兎に角テイカー大好きなんですよ。フジテレビの深夜に放送された頃から好きという、にわかミーハーですけれど、あの鐘の音はもう勃起もんの格好よさです!
>その、なんていうか…ああっ。かわいいなぁ、氏の凛は!
・相変わらず凛は書き難いです。けれど、それでも成長の兆しがあるようでしたら、嬉しい限りだと思います。
>寸劇:121いい 気分はすっごくクリスマスです
・リアル生活はこんなクリスマスじゃなかったですが。
>桜さんサイコウですな(笑)この後言峰神父のクリスマスミサに参加すれば傷口に豆板醤かと思います。
・そ れ だ ! 
>次の寸劇は、オジンガーZのネタで!
・無茶を言わないで下さい。精々、殺人事件のガイシャ達くらいなもんです、出来るとしたら。
寸劇121・イギリスで試合見るならリーガルじゃないんですか?彼、キャッチ・アズ〜使いですしw
・そうですけれど、ここは整合性よりも自分の趣味を優先させてもらいました。いいじゃないか。ルヴィアだってきっとテイカーをヒーローとあがめて育ったに違いない―――と思いますよ(思うだけなら自由)
>あーとにかく頑張れ二人とも。なんか間違った方向に頑張りそうではあるけど…
・努力って報われるものと報われないものの二種類があるんですよねー………本当。

それでは今日はこのへんで。
posted by 10=8 01 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

やりすぎました

■今回の寸劇について
・クリスマスSSと言えば、やっぱり甘い話なんかが想像されるのですけれど、今回の寸劇ではあえて独り身を過ごす人を描いた話を書いてみました。というか、まあ、独り身のクリスマスなんてこんなもんだよね、という内容です。食事くらいは豪華にして、独り切な寂しい思いを味わう、そんなクリスマスSSがあってもいいじゃないか、と。
ただまあ、書いてるうちに桜や凛の思考がしっと団みたいな偏りになってしまいましたが。それは作中の、というよりも、独り身で過ごす寂しい人たちみんなの思考を反映した脚色だと思ってください。こんなの桜じゃない! 凛じゃない! とか言われても困りますので。

「Fuck’in♪ 聖・X’mas」
「あー、明石屋サンタ面白ー………」

とりあえず、今回の話はこの二つの台詞に全てが集約されていると思っていただければ充分です。はい。

WEB拍手のお返事はまた後日にでも。
それでは、今日はこのへんで。
posted by 10=8 01 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

みんな不景気が悪いんだ

肉の入っていないビーフシチューを夕食に迎えるこの気持ち。
年の瀬って何かとお金が吹っ飛んで嫌ですね。

■寸劇について
実典は、士郎・弓兵・べディーと続いて結構好きなキャラだったりします。あの何とも不器用で初々しい感じがいいですね。報われない思いにホロリとしつつも、今後も書いていけたらいいなぁと思えたキャラでした。
それと、ライダー×綾子はうちのサイトではデフォの方向でお願いします。

■WEB拍手お返事
>委託のご予定はありませんか…残念です、いえ当日参加する知人は居ないので。枕を濡らして諦めます…(泣
>委託なしですか…残念。無理言って申し訳ありませんでした。

・こちらこそ申し訳ございませんでした。それもこれもみんな不景気が悪いんですよぉー! まあなんですか、余ったら他のイベントに参加するときに持ち込むかもしれないので、可能性が0というわけでもないかもしれません。
>ああ、あそこだな>携帯ネタ ああいうのは女流作家がやはり上手いねぇ、機微とか
・女性の綴る文章と男性の綴る文章って何かで決定的な違いがありますよね。上手い人だとそれが顕著になって表れるような気がします。まあ、その書き手の書き方次第なんでしょうけれど。
>例えば士凛話な寸劇なら番号の隣に士凛と書くとか。間違って読まなくてもいいように、それくらいの配慮があってもいいのではないかと。
・今回はどんな話なんだろうか、と毎回新鮮な気持ちで読んで欲しい――という考えはやはり自分勝手なものなのでしょうか? それは別としましても、TOPのレイアウトをリニューアルしてから、寸劇の上の部分の項に軽い内容程度はいれておきましたので、そちらを参考に。
>寸劇116ダウンタウン風味で大変よろしいかと
・ごっつ直撃世代なもので。

それでは今日はこのへんで。
posted by 10=8 01 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

宣伝ページとか出来ました

■同人誌について
・本格的に冬コミの同人誌の宣伝ページをアップしました。内容はとりあえず、そちらのページで軽く触れた通りなので、気が向いたらサークルのスペースまで立ち寄ってやって下さい。

■今回の寸劇について
・本当は士凛ネタで一本書き下ろす予定でした。士郎が遠坂邸の箱の中から見つけた携帯電話。凛が忘れたものだと思ったが、彼女が見つからない。やむなく自宅にその携帯から電話をかけるけれど、出てくる凛は何だかいつもと違っていて……という内容。
もう、ここ最近発表されたSSに似たような内容のものがあったので、こりゃアカン、と判断し没。その話では、並行世界の様々な凛が電話に出るという内容でした。
IT関係株に手を出したりしてるメカ特異凛とか、士郎に骨抜きにされて現在放置プレイ真最中の凛とか、何故かバンドとして成功してる凛とか色々考えてました。特に最後の凛は、サンボマスター風の凛でして、
「わたしはね、ただただ愛しい人の幸せを願うわけですよ! その為には! その為には! アイツに絶対自分自身のことで、他の誰かの為だけじゃなくて! 自分の為に笑ってほしいわけなんですよ! だから、わたしは、ギターを握って、歌を唄って、ロックンローラーになったわけですよ! 本当にアンタのことを、本当に! 本当に愛して! アンタの幸せを願うわけなんですよ!!!!」
みたいな感じで歌わせたかった。つか、凛にサンボマスター歌わせたかった。それだけでした。
でも、上記の理由で更新したのは急遽思いついたライダーの寸劇ですが。ここで、没ネタについて書いたのは、まあ、とりあえず台詞だけでも文章にしておきたかったからです。
寸劇屋はライダー×美綴綾子を応援しています。

■WEB拍手お返事
>何か嫌なことでもあったのでしょうか…w
・いや、むしろ原稿終わって上機嫌ですが?
>嗚呼、桜こんな扱いか。桜派の私としてはシエル先輩を見てるようで悲しい。そしてシエル派でもある私・・・
・不憫な子が好きなんですね。つか、桜って自分の中で結構扱いにくい存在かもしれない。こりゃ凛の時みたいに、集中的に書いてどーにかするしかないのかなぁ。
>蒼の子のことも思い出してあげてください(泣)。
・それは破壊専門の魔法使いを書け、ということですか?
>今度は法廷で会うわよっ!!!が好きでしたw キャシー最高w SSの感想じゃないですねw
・いや、あのコントは今見ても面白いですよね。ハードな内容に、松本のキャラクターと、規制が今ほど厳しくない当時の規制の限界に挑んだ意欲作でした。PTAあたりには相当目の敵にされてたみたいですけれど。食べ物を粗末にするな! って。
>今回はなーんか殺伐としましたねぇ・・・・疲れてます?
・つか、ごっつ見たことないんですかね? これも時代か……
>さ、桜の扱いがヒドイ・・・(泣)
・概ね世間に溢れているSSと大差ない扱いでした。というか、こういう役回りに桜の存在はあまりにも便利すぎて逆に困る……彼女の出る話がギャグ一辺倒になってしまって。
>キャシィ桜、大変楽しませて頂きました。これからも頑張ってください
・とりあえず、原作のコントのノリを出すことを重視しました。けれど、読み返して一割も出ていないことを再認識しました。あのアップダウンの激しいキャラの再現は難しい……
>ただ噴きました。ぶはぁ
・笑っていただけたのでしたら、非常に喜ばしいことです。
>四万十川料理学校のキャシィ塚本先生ではありませんか!
・キャシィ塚本先生でした。参考資料は無論、近所のTSUTAYAでレンタルしてきた「ごっつ」です。
>禁じ手といいながら何故こんなものを・・ホロウやった後でこれはないでしょ。
・こんなものっつーか、ダウンタウンのごっつええ感じ知らないのかな? もしかして。もし見ていないのだったら、絶対に見たほうがいい。今現在のバラエティがいかに腐った中身かよく解りますから。で、今回の寸劇はキャシィ塚本準拠の内容だから、これでいいんです。もし、それを承知の上で、そう言うのでしたら、気にそぐわぬ作品を書いてしまい本当に申し訳ございませんでした。
>懐かしいネタですね〜!桜ってこんなんばっかな気が・・・
・こんなんばっかしか見たこと無いデス。
>寸劇116、ツボでした。これからも期待してます。
・これからも、ご期待に応えられるような作品を書いていこうと思います。少しでもツボに嵌る作品を多く書けたら、と思う次第。
>桜・・・・・・!!なんとまたアレな感じに!いえ、こーいう桜さん非常にスキですが。おもしろいっすけど・・、皆、元ネタわかるんすかねぇ・・
・ごっつが最低限の教養だった時代はもう終わったんですかね? 正直、今現在放送しているどのバラエティよりも面白いことは間違いないと思うんですが。フジテレビも莫迦なことしたよなぁ。
>Z
・戦士?
>寸劇新作>桜が、桜がぁぁぁぁぁっw四股名「黒桜」は伊達じゃありませんなwこれで益々、HFルート出来なくなっ
・HFはやって損しないと思いますよ。腕士郎とか格好いいし、黒セイバーとの対決も燃えますし。
>次はいよいよゴレ○ジャイネタですかな?
・それは月姫キャラで別の方がやったのでやりません。
>もしくは師匠と弟子で子連れ狼?
・黄金の別離を撮影風にしてやってしまおうか、と考えたことがあります。でも多分次は「十七分割殺人事件」のコントをやります。刑事がアルクの死体を前に、延々と下らない話をするだけの………最早月姫でもねぇ。

今回、割とコメント多くて吃驚しました。
内容的にはアレな話だったのに。
それでは、今日はこの辺で。
posted by 10=8 01 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

一通り原稿作業終了

入稿も終わりました。後は当日を待つだけです。
近日中に、新刊紹介のページをアップする予定ですので、宜しくお願いします。

■寸劇について
・使うまい使うまいと思っていた禁じ手の一つをまた使ってしまいました。最近はこんな話くらいしか思い浮かびません。もっとハートフルな萌え話書きたいです。士凛でウォシュレットとか。

■WEB拍手お返事
>裸のセイバーに鎖を繋げてお外を散歩(サンプル)>・・・・・ドキドキドキ・・・・だーまーさーれーたーw
・騙したなんてとんでもない。ちゃんとセイバーは裸ですし、鎖を繋げてお散歩にいくところじゃないですか!! うん、ほんと、ゴメンナサイ……
>寸劇14,20の前振りで即「ああ、アレかっ」ときましたよ・・・って相変わらず喰われてるしーーーっ
・数少ない寸劇のシリーズものです。同じオチを三度もやるってのは、正直どうかと思っていますけれど。
>まあ、この士郎ならアーチャーになることなさそうだからいい……のかな?
・獅子が死んだ時、きっと弓化してしまうでしょう。
>ごめんなさい。topの「超健全サイト」に思わずふきだしてしまいました。
・なんでさ?
>本当に生まれ変わりなら祝福してやるのだが…違うよなぁ…。本物が見たらどうなるんだろう?
・どう考えても生まれ変わりのはずがありません。つか本物登場か……それもアリだなあ。
>「ローゼン可愛いよ」と言うのをパッと見て、おじさん趣味になったのかと心配してしまいました。<マテ
>追伸、真紅も翠星石も銀ちゃんも巴もめぐもみんな可愛いですよねw
・うおおおおいいいぃぃ!!(銀魂ツッコミ) そりゃ誤解も甚だしいですよっ! おじさん趣味とか恐いこと言わないで下さい。自分は普通に女の子が好きです。オッサンとか、臭いだけじゃん!(偏見です)
それと時々でいいですから、雛苺とかも思い出してあげて下さい………
>素直クールもきぼん
・TYPE−MOONで素クールキャラっていましたっけ? うーん、マトさん?
>冬コミ頑張って下さいw
・というわけで一段落しました。いや……後は当日どうなるか、なんですよね。正直そこが一番恐かったり。自分の書いた話を読みたいかどうかが、はっきりと分かれる瞬間ですから。

それでは、今日はこの辺で。
posted by 10=8 01 at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

一応、終わりました。

とりあえずホロゥは100%達成。
一言感想を言うならば「俺達の戦いはまだまだこれからだ!」みたいな。いや、ひどく個人的な感想なんですけれどね。

■寸劇:114について
・あんまし密度のあるような内容じゃないです。ただハロウィンにあわせて何となく書いてみました。ギル様登場とかケルトの祭なのでランサー登場とか考えましたが、上手い具合に折り合いつかないのでカット。流す程度で読んでいただければ結構かと、寸劇なので。

■WEB拍手お返事
>はじめまして。湯上りバサカに参りましたコロリ。剣も鞘も、唯一人の担い手を待つ…?とっても面白いです!
・ありがとうございますー。感想とかHGに吸い取られて、ほとんどないので長編感想は非常にありがたいです。ホロゥも終わったし、そろそろ続きを書いていこうかと思っていますので宜しくお願いいたします。
>夢落ちのあげく――ツンデレ、だとぉおおぉっ!?
・詰め込みすぎました。でも後悔はしてない。
>書いてー
・書くよー………って、何を!? 長編? 短編? 寸劇? いやまー、どれでも精力的に行進すればいいだけの話ですよね。出来るかどうかは別として……

それでは今日はこのへんで。
posted by 10=8 01 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

やり過ぎたとは思ってる、だけど後悔はしていない。でも心の何処かで反省はしている。

■寸劇について
参考資料:住谷正樹(ウィキペディアより)
今回は兎に角このネタありきの話でした。即断即決で連載を書くのもほっぽってこの寸劇を書き上げました。正直、こんなのギルガメッシュじゃねえ! という意見は重々承知しています。パロディだと思って見逃して下さい。寸劇と銘打っていることですし。

でもなんだろう……妙な達成感が。

■WEB拍手お返事
>おもらしてあーた gj
・GJという意見多かったです。若者の性は乱れてけしからんですね、まったく!
>気がついたら拍手してました。 ・・・俺も会社で幼児退行とかしてみるか・・・・・・
・いや、それはさすがにどうかと……というよりも、いい年した人が幼児退行するのはビジュアル的にちょっと……
>凛ちゃん、プシャ〜で士郎にマーキング!? イイ物見させてもらいました
・いい物って……やっぱ現代人の性癖はどこかおかしくなっている!
>メイド狂戦士とセイバーが混同しがち。
・書き分け出来ておらず申し訳ない。次回以降、精進いたします。
>えっと…その…限界と思ったとこから云々がデフォです…よね?
・多分、凛の我慢の話だと推測。ええとまあ、限界になるまでのちょっとした間を割愛というか、少なく地の文で描写したんですね。だから時間的にはそんなでもないです。あと子供は割りと我慢できない、という点も要因に加えてください。

それでは、このへんで。
posted by 10=8 01 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

色々なことについて

■今回の寸劇について
・チャットでエロいと言われました。そんなにエロい話じゃないと思います。

■漫画について
・今現在一番愉しみにしている漫画は間違いなく「惑星のさみだれ」(著:水上悟志)です。短編の頃から変わらずに地味な作風なんですけれど、それがまたいい塩梅に味となって面白い。全体的にのんびりとした雰囲気なんですけれど、時折割り込んでくる引き締まったシーンは、背筋が粟立つ気持ちよさを憶えて何とも癖になる。
今月号の夕日の涙とかはたまらんものがあった。アップで映るのは子供の泣き顔なんだけれど、今の彼が泣いている顔にも見えるところとか、特に。

■ゲームについて
・そういえば、FateのFDまで残り一ヶ月を切っているんですよね。今更のような話ですけれど、どうにも実感というものを感じませんねー。きっと本物を手に取るまでこんな感覚なんでしょうけれど……
士郎とセイバーがラヴラヴしてくれりゃ大満足なんだけれど、何か噂を聞く限りじゃあそうも言ってられないらしいですよ…………要するに、まだまだ鞘剣好きな人が頑張らなきゃいけないってことみたい。

■WEB拍手お返事
>ツンデレ秋葉…… でも高圧的なツンは、苦手なんですよ、俺Mじゃないし
・大丈夫。志貴と二人きりになればデレ発動するから。
>俺の友人も萌えって聞こえると言ってる………orz
・タモリ倶楽部に送れば手ぬぐい程度は貰えるかなあ?
>志貴は朴念仁だからこそ秋葉と「渡り合える」のだなあと思ったり。
・ああ、それ同感。相手を肩透かしさせるというか、不意を打てるところがやっぱりポイントなんじゃないかな、と思うわけですよ。自分も。そこらへん意識すると、書くときの展開とかを色々と考えるようになります。
>白色人種は日焼けすると真っ赤でしたっけね。インド人がアーリア系ってのには驚いた覚えがあります。
・そういうわけで、日焼けセイバーはお蔵入り。まあ、二度と日の目を見ることもないでしょう。
>今なら、あの言葉を完璧に理解できる。「胸なんて飾りです。偉い人にはそれが解らんのです。」
・大事なのは感度だと思います(断言)
>↑深い、深すぎるぜ。貧乳道
・いや、そこで同意されても………しかも貧乳だから、むしろ薄いと言うべきかと。
>いい話でした。秋葉、可愛い。
・可愛く書けていたなら何よりです。やっぱ、女の子は可愛く書いてあげたいじゃないですか。面白おかしいのも嫌いじゃないですけれど。


それでは、このへんで。
posted by 10=8 01 at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

こうして親指を隠す風習だけが残った

■タイトルについて
最近「でろでろ」に嵌っています。妖怪・幽霊モノの中でもかなり異質な漫画。絵柄は恐いのに妖怪・幽霊の類のやっていることがセコくて阿呆くさい。そこが非常にいい感じなのですが。タイトルのは今週のヤンマガに掲載された「でろでろ」の言葉より。

■今週のかみちゅについて。
死神様可愛いよ弁財天様可愛いよゆりえ様可愛いよー。
ま、そんな感じ。

■WEB拍手お返事
>桜がライダーさんを食べちゃうのはどうも違和感ありますね。こう、有り得ないだろって感じで。
>桜とライダーの関係のあり方が新鮮で、ゾクゾクしました。いやあ、怖い桜は良いですね!

・対照的な意見を頂きました。今回の「剣ヲ継グ者」に関しては割とこれに驚いた人が多かった模様。個人的には、桜は平然とこういうことしそう、という認識なんですけれどねー。先輩至上主義かつ自己追い込み型、だと思っているので。そして華麗に話題にされないギル様関係吹いた。割かし重要そうな台詞言わせたつもりだったのに! いや、あんま重要違うかもしれませんが。
>パジャマ姿でって可愛いんですけど・・・はしたなくってよ
・王様じゃなくて女の子、それが我が家のセイバーですので多少のはしたなさは目を瞑ってください。まあ、何よりも可愛ければオールオッケーじゃね?
>>髪を掻き上げつつ、冷凍庫を開ける。  ここは、「冷蔵庫」では?
・指摘サンクスです。こういった誤字の絶対無くならない自分自身はそろそろどうにかした方がいいかな、とも思ったりなんかしたり。あーーーー、誤字脱字嫌ぁー!
>最後の意地っ張りセイバーにクスリとしました。
・彼女は割りとそういうところありますからねー。しかし、いい女ってのは意地を張ってもいい女だ。そういう「いい女」っぷりを書けたらいいなあ、とは思っていますが。

今回の寸劇はスペシャルサンクスとして、いずみやみそのさんの名をあげたいと思います。みそのさんの暑中見舞いから氷菓ネタを思い浮かびました。一方的スペシャルサンクスではありますが、本当にありがとうございました。

それでは、このへんで。
posted by 10=8 01 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

停滞してました

つよきすプレイしてたり実家帰ったり容疑者室井見たり久々に新桃太郎伝説やったりして更新大分遅れました。いかん……剣ヲ継グ者の続きさっぱり書いていない……待っている人がいたら、ごめんなさい。書きますから。出来るだけ急いで書きますから。とりあえず、寸劇で我慢してください。

■WEB拍手お返事
>バーサーカーってあの方だったんですね、全く気付いてなくて驚きました(笑) 続きをを楽しみに待ってます
・待って頂いて本当に申し訳ない。本来なら週一のペースで更新しようとか思っていたのに全然そんなこともなく、連載開始から数ヶ月が過ぎています。ままならない自分の遅筆加減に辟易です。でも、楽しみに待って頂いている以上、潰れずに頑張っていきます。
>聖杯戦争の季節変えてるSSってほとんどないのです。(理由は他にもありますが)故に拍手を送りました。
・確かに無いですね。割と考えなしに季節とかを決め付けて書き出す場合が多いので、自分としてはあんまり気に留めていなかったりします。
>凛萌えSSキター!! 最近凛分少なめなんで幸せになれましたw
・少ないですか? うーん、士凛アンソロとかで割りと活発化している印象ですが……。鞘剣とか、ホント……目も当てられない寂しさで、う、ううう……
>最近、士剣より士凛の方が多い気が>寸劇
・士剣じゃない、鞘剣だ! というのはお約束としましても、士凛は割かし書き易いという事実に気付いて、ここぞとばかりに書いています。苦手なものは書いて書いて書きまくって手に馴染ませないといけませんから。寸劇という無作為な形式の作品群を扱う以上、何でも書けるようになりたいですし。
>士凛がとってもおいしーよぅ
・甘ったるいものばかりですが、気に入っていただけたのなら何より。
>シグルイネタの使い方、お美事にござりまする。感動のあまりじょぼじょぼと(略
・ぬふぅ(使いどころチガイマス)
>ぽややん凛は読んでるこっちが必死免れぬ展開。寸劇108ご馳走様でした。シグルイは何にでも合うから困る
・シグルイネタは封印しないと危険です。うっかりしてると、襖を開けたら鯉を直食いしてたセイバーなんてのが思い浮かんで危ない危ない……。
>すごいや、無限の剣製っ!(笑)
・あんなもん実際の場面で言ったら即死必死です。ちなみに、当初は「偽・螺旋剣」を絡めた会話が他にもありましたが、あまりに下品すぎて没となりました。
>やっぱり凛様は最高です!
・いやいやセイバーも棄てたもんじゃないですよ旦那。
>流れ着いてa dissonant chordを一気に読みました。自分はエミヤの絶望とその終わりに涙してしまいました。別離を選ぶこと、共に生きること。そうじゃなくても選択が正しいかそうでないかはわからない。Fateについてだけでなく、自分自身についても改めて考えるきっかけになりそうです。ありがとう。
・なんかもー、ホントーに自分の作品なんかには勿体無いほどの素晴らしい感想ありがとうございます。書きながら変更した部分とか増えたシーンとかが結構あったりしたのですが、総じて見返してもよくまとめられた、と冷や汗モノでした……。a dissonant chordは自分の中でも重要な転換となった話だと思っています。これからも、これ以上の話を書けたら、と思い日々精進していきます。それでは、改めてありがとうございました。


むう。
おかしい。
寸劇はセイバーの日焼け跡に士郎が軟膏を塗ってエロエロな展開になる話のはずだったのに、どうしてこんな真面目っぽいよーなほのぼのっぽいよーな話になってしまったのだろう。何でですかね?

では、このへんで。
posted by 10=8 01 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

弁明弁解はしない

■今回の寸劇について
・「シグルイ」オチが使いたかっただけです。オチてるかどうか、という疑問もありますが、そこはそれ、ということで。後悔はしていません。ただ、やりすぎたとは思っています。でもシグルイ面白いですよね。虎繋がりだからじゃないですよ。ええ、決して。
posted by 10=8 01 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

元々

今回の更新した寸劇は別の場所で晒していたものなんですけれど、本来107にしようと思っていた寸劇が、上手くいかないので急遽代用してみました……コミケ後って、無性に疲れが残って書けなくなる……なんとかしないと。

■感謝
PUNPKINGのSS紹介で、二月に完結した「a dissonant chord」が紹介されました。いや、正直な話。この作品に関しては全然、読まれているっていう自覚が無かったので、紹介されて嬉しい限り。半年前のものですし、今になって紹介という形で本当驚きました。
つか、アンリミテッド納豆云々って自分も非常に気になる。どんな話なんだ………

■WEB拍手お返事
>久しぶりの鞘剣…グッジョブです♪
・日々、鞘剣ネタを脳内に垂れ流しているのですが、それはあまりにも発禁指定喰らいそうなものばかりということで、久々に健全なネタを搾り出しました。こう、もっと世間でも鞘剣沢山出てくれれば、触発されてネタもぽんぽん出るのに、とか思ったり。
>106 うひゃ〜〜こっぱずかしくって読んでて赤面しそうになりました。初々しいなあv
・書いてるこっちだって赤面ものなんですよ! でも、エロ書いてる時は最早赤面しなくなっている自分がいたりする。穢れてるのか、俺……
>特命生徒会長……聞き込みは男子生徒中心にでつか
・アンタ一成をどんなキャラとして見ているんですかい!?
>VSライダー……慎二だとライダーの敗北しか思い浮かびませんね……
・それを言ったらお終いのような気がしないでもないのですが………まあ、慎二だし。いや、そんな一言で解決させていいものなのかどうか。
>くあーっ、もどかしい!でもそこがイイ!
・士郎とセイバーは恋愛経験絶無なカッポーですから、こういったもどかしい赤面悶絶級の付き合い方がいいと思うんですよ。見ているほうが恥ずかしく、見ているほうが微笑ましく、そして当事者は妙にエロく………いやごめん最後のは忘れてください。
>鞘剣寸劇ごちそうさまでした
・おかわりアルよ! つ寸劇:107

とりあえず、このへんで。
暑さを理由にSSの執筆を怠らないようにしていきたいと思います。俺頑張る。
posted by 10=8 01 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

寸劇更新しましたよ、という話。

夏コミカタログを見てて、ふと思ったのですけれど。

鞘剣のラヴいものが兎に角少ない、めりっさ少ない、期待してみたらりょーぢょくだったりして萎える、マジ萎える、FF9のラスボスの意味の無さくらい萎える、つまりは士郎とセイバーに愛をもっと愛をもっと―――!

まあ、そんな経緯で寸劇を更新しました。遠坂さんと士郎のラヴいヤツの後には、やっぱ鞘剣でラヴいモノを。やっぱり書いていて凛よか全然書き易いと感じましたね、セイバー。好き嫌いってわけじゃないのですけれど、やっぱ書いてて手慣れた感が出る。まあ、それで原作から離れてしまっては意味が無いのですが……

FDの発売日も決まったことですし、速く体験版をやりたいですね。もう体験版でセイバーとかセイバーとかセイバーとかアルトリアとかアルトリアとかべディーとかを愛でたい愛でたい………突っ込むところ多いと思いますが気にしない方向で。

しかしながら、マジで鞘剣欠乏症になりかけている……うう、夏はいい鞘剣が見つかりますように。
posted by 10=8 01 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

やっぱ藍染って

ハチクロの真山に似ていますよね。
今週のジャンプは眼鏡外しているので、真山っぽく見えないのが残念でなりません。

って、何が残念なんだ。


■WEB拍手お返事
>藤ねえに真っ向から関わると、みんな幼くなりますな(笑)
・向こうが合わせてくれませんからねえ。というか精神年齢上昇しそうもねええええ……
>いつも楽しく読ませてもらっています。寸劇104の14行目「破棄」⇒「覇気」ではないかと思うのですよ。
・誤字指摘サンクスです。というか、毎回更新するたびに誤字を指摘されるクセを直した方がいいと思います、自分。げふ。
>あはははは、士郎が泣くのね。
・男も泣くときゃ泣くのよ。
>管理人さんの筆の速さは本当に素晴らしく思います。
・筆の速さだけ、なんてならないようにします。速いだけって、何か卑猥に情けない。
>「そもそも御飯を作ると大河派申しましたが。」・・・タイガ派って。
・いやマジで誤字を指摘されるクセを(以下略
>コンティニューと士郎のすすり泣きにマジ笑いしました。
・コンティニューは最後の最後に追加したものですけれど、思ったよりも上手くいったようで何より。


それでは、今日はこの辺で。
posted by 10=8 01 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

ある種、リハビリ

久々に書いてみて思い通りに寸劇が書けない事に気付く……さすがに更新ほっぽってりゃ感覚忘れるのも当然なわけで、今更のように継続することの大切さを痛感しております。
ネタを見つけてちょいちょい更新していかないとなあ……

セイバーでスク水とか、凛でスク水とか、桜でわかめ酒とか、イリヤでスク水は……前にやったからいいとして、大河でスクみ………は、無理だな。

こう、ちょっといい話的なものも書きたいのに、気付けばオチのある話ばかりを優先しているのは、悪い癖だと思います。
posted by 10=8 01 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

ダブル更新してみたり

寸劇と剣ヲ継グ者の更新を完了しました。前者はリクエストのものなんですけれど、あんな感じでよかったでしょうか? なんか、後半好き勝手やってしまった感がありますけれど。うーん、もう一つくらい捻ればよかったかなあ?
まあ、なんかエロ展開になったのは、いずみやさんの私信見て……「はっちゃけてもイケるんじゃない?」とか勘違いしたせいです。ごめんなさい。調子こきすぎました。

長編に関してですけれど、展開遅いわ、盛り上がり足りないわで申し訳ないです。はい。
なんというか、音楽で言うならまだイントロの段階なので。

謝ってばっかだなあ、なんだか。
もうちょい、堂々と出来るような作品を書きたい。

それでは。
posted by 10=8 01 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

出来ること出来ないこと

書きたいものがあったとしても、それを自分が書けるかどうかはまた別問題だったりします。例えば技量が追いついていなかったり、いまいちシチュを漠然としか理解していなかったり、と理由は様々。気持ちの上では書きたいと思っているのに、現実には書くことが出来ない状況というのは中々に生殺しでフラストレーションたまります。しかも、理由は自分自身にあるので尚のこと。
ああー、今書いているSS上手くいかないー。もっとエロくなれー!!

■漫画について
宵闇眩燈草子の新刊を購入しました。今回は、虎蔵inUSAということでアメリカ編。最初は拳銃の秘密を追いかけていたはずが、いつの間にやらどんどこ壮大というか収拾付かない状況になっているのは、さすが宵闇クオリティ! 短編もいいですけど、長編の混沌とした感じがたまらなくもあります。一度目では「?」だったところも、二度目で「成る程」と思える演出があったりして面白いですね。あー、しかし、七巻は相当先になるだろうなあ、今月発売してしまったんだし………くそう、待ち遠しい。

■WEB拍手お返事
>と〜やさんが壊れた〜(笑)・・・元から?w
・失敬な! ただ、寸劇では壊しキャラをしょっちゅう書いているだけです! ………ん、それってやっぱり元からってことなのか?
>私はそれを『合体』という!! 創聖合体!!
・GO! アクエロ………って、何をさせるんですかっ。
>まさに「ニーソを抱いて溺死しろ!」ですな。<違っ
・正確には「ニーソに包まれた汗でムレムレの遠坂さんのおみ足を抱いて溺死しろ!」ですね(それも違うような)
>寸劇101:こういう作品の方が01さんらしい、というのは失礼でしょうか?
・「らしさ」について話されると、どうなんだろう、という気持ちでもあります。個人的にはシリアスも沢山書きたいし、ギャグも書きたい、何でも書けるようになりたい、と贅沢極まり無い考えですね……まあ、今後の精進次第ですかね。
>久方ぶりの駄目士郎に萌えました
・そういや、駄目士郎も随分と書いていませんでしたね。というか、今までが書きすぎだったような……
>うはーwこの替え歌にやられたw
・TMレボの歌は素で聞くと笑えるものばかりですね。特にHITして間もない頃のはかなりそういうの多いです。
>面白かったです。次はWild Lushでお願いします。
・気まぐれ風の誘惑に、キミを追いかける………ん、これって風でめくれた凛のスカート中身を士郎が必死こいて見ようとする歌なんじゃないのか、もしかして?
>なんというか……男とは哀れな生き物だな。それしか言えない。
・だけど、どうしようもない、それが男でもあったり。
>それでも創聖合体して一万年と二千年前から愛し合ったりしそうな二人に万歳
・八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった二人に乾杯。
>寸劇101:あー…6行目のニーソックスがおかしいなぁと感じた私はニュータイプですか? オチが見える!
・あー、さすがにあからさますぎましたかねえ。あの描写が無かったら無かったで、オチが唐突すぎるようになってしまうので、どうにもならんですね……今度はもっとさりげなくしよう。
>なま足魅惑のアルクェイドに冷しゃぶ吹きましたw サイコーですw
・ただ個人的にはナマ足もいいけど、ストッキングとかで隔てられた薄膜結界もたまらないものがあると思うのですけれど、どうでしょうか?(聞くなって)

さて、今日はこんなもんで。
posted by 10=8 01 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

些細

今日の寸劇ですけれど、きっかけはTMさんの「HOT LIMIT」聞いたから、という身も蓋も無いそのまんまなものだったりします。本当はアルクェイドと志貴でやらせようと思ったのですけれど、アルクェイドはツッコミ役に適していないので凛様に。いやー、やりすぎたー。
いつものことですけど。

■本のこと
終わりのクロニクル5(上)を読破しました。構成というか、流れのようなものは相変わらず毎回同じなのですけれど、それでも否応無しに後半への盛り上がりに期待が持てるというのは凄いと思います。最早、この後半へのテンション急上昇は特撮のお約束とかそういったものに近いのではないかな、とか思ったりも。
しかしあれだ。
飛場竜司は「やや」エロという分類でいいのだろうか、と。あれで「やや」なのか、と。
それと原川とヒオのコンビがたまらなく面白かったり。

■音楽のこと
the pillowsのニューアルバムはFLCLのサントラ3という形で発売されました。
楽曲に目を通すと、いずれのものもFLCL内で使われたものであり、当然ながら既存の曲のみの収録となっています。新曲が収録されていないのはファンとして悲しいところですけれど、サントラだからそれも仕方なし、というもの。
内容としては全17曲というベスト版並のボリュームで、かつベスト版「Fool〜」と重なっている曲が6曲。つまりは、内容が11曲異なるベスト版と考えた方が良いかと思います。収録曲自体は、the pillowsの活きのいい時代のものばかりですし(無論、今も活きがいいのですけれど)
惜しむらくは、やはりストレンジカメレオンなどの曲が収録されていないことでしょうか。サントラだから当然なのですけれど、やっぱり、こういう既存曲構成である限り「はじめてのぴろうず」という聞き方が、一番かなとも思うので………だからこそ、ストレンジカメレオンが無いというのが悔やまれるのです。
とりあえず……FLCLを見て、the pillowsに興味を持った人がいたら……こっち、ですかね。
ストレンジカメレオンの有無がやっぱ、ベスト版との明暗をつけると思います。
うん、個人的には「CrazySunshine」収録ってだけで好印象なんだけどなあ。

あんま感想らしい感想じゃなくてゴメン。


それでは、今日はこの辺で。
posted by 10=8 01 at 22:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

だって好きなんだもん

はだワイと銘打っておきながら、黒ストとはどういうことなのか。それって裸ちゃうやん、とかそう自分でも思ったりしています。けど、黒スト好きなんだから仕方が無いと同時に思うわけなんですよ。要するに何が言いたいかというと、黒ストの話をもっともっと書きたいということ。それこそ「ももいろさんご」みたいに、身も蓋も無い阿呆でエロな展開で。
まあ、言うだけなら自由ですよね。

■WEB拍手お返事
>「セイバーちゅきちゅきー」って・・・!(笑)士郎が、士郎が壊れたー!(でも酔っぱらいは大抵壊れだし
・自分の書く士郎は壊れていることがほとんどなので、自分では全然違和感がなかったりします。いや、それは問題だろ、というのは自分でも解っているのですけど。
>微エロGood
・もっとエロいの書きたいです。
>久々の士剣で読めてよかったです<寸劇 セイバーちゅきちゅきーに萌えwそんな士郎たんがだいちゅきだー!
・士剣じゃなくて、鞘剣だ……と吼えているのは自分だけなので、さておくとして。士郎は酔っ払っても平静を保っている方だと自分は思うわけなんですけど、ああいう士郎を書いたのは、偏に「ちゅきちゅきー」って言わせたかっただけ、という……
>うわぁセイバー初々しいw 可愛いセイバー分をありがとう♪
・もっと可愛く書けるようになりたいですね。自分よりも可愛くセイバーを書ける人は数多に存在するので、そういった人たちに追いつきたい。
>妄想全開でしたね。はだワイだけでなく黒ストッキングまで・・・。ステキです!
・白黒つけるぜ!(哀川翔兄貴っぽく)
>負けてるのは士郎だと思ってたのに。見事にだまされました(笑)
・野郎の裸なぞ描写したくないので。ノーモア男裸!
>士郎が酔っ払うと言うのはあんまり見なかったな〜。 で、やっぱりこの後は押し倒すんですよね?<マテ
・失敬な! この後は朝ごはんタイムに決まってます!! 押し倒すのはその後に(以下略)
>寸劇99:その日、運命に出会う。寸劇ナインティナインと読んだ私は発酵してますか?
・そこでナイナイ思い浮かべますかw けど、ナイナイは昔ほど面白くなくなってきたかなあ。めちゃイケは相変わらずの面白さなんですけど。
>ああ。酔いどれ士郎のセイバーちゅきちゅきに胸キュンでした。
・ちゅきちゅき発言は結構皆様反応していただいたようで、何より。
>酔ってながらも一枚残させるのが士郎らしいと言えばらしいですね。
・ちょっと、マテ。それって……本当に士郎らしいのですか!? 黒スト残すような男が正義の味方っぽいのですか!?
>SINGER SONGERなら桜ネタを希望したいです(こっこが桜な雰囲気なんで)
・あー、確かにCoccoはそんな雰囲気ですけど、初花凛々ってタイトルだし……凛々ですよ、凛々。いや、だからどーしたという問題でもあるのですけれど。

■続・WEB拍手のこと
拍手の数とか、日数の傾向とかを見ると色々と解ってくるものです。例えば、自分の場合、更新した日から二十四時間までがピーク。そこから後は、もう一気に株価急落したみたいに拍手が止まる。というわけで、短距離型なんだな、と解ります。これが毎日満遍なく来る人は長距離型なのでしょう。まあ、そもそもお返事コメントがつまらない、というのも理由の一端かもしれませんけど(あー、洒落にならん)
また、Linksに登録した時としない時では圧倒的に違いますね。人の入りも、WEB拍手の数も。具体的にすると倍くらいでしょうか。ホント、全自動月姫Links様様です。大体、単純計算すると、全自動で十七万人くらい来訪してる計算になります。つまり、全体の1/3………やっぱ全自動すげえ。

■鞘剣とか
士郎とセイバーの組み合わせを世間では、士剣と言います。これを鞘剣と言っているのはまず間違いなく自分だけでしょう。語呂ならこっちの方が言いやすくていいじゃないか、というのは完全な言い訳というか負け犬の遠吠えというか、まあ、そんな感じのものなのですけど。まあ要するに、これからも鞘剣と言い続けますよ、という意思表明だったり。
そんなこと今更言うことじゃねえ、とか、お前だけで勝手にしてろ、とか、そういう意見ごもっとも。
だけれど、まあ、当サイトは鞘剣推進というスタンスであって、士剣ではありません。意地張ってるだけですけど。

それでは、今日もこのへんで。
posted by 10=8 01 at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 寸劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。